にわか歌詠み

西伊豆松崎岩地の浜 ~ あけび掲載(平成二十九年十一月号)

あけび掲載(平成二十九年十一月号) 西伊豆松崎岩地の浜 岩地とふ我が好みたる浜のあり山に囲まれ波静かなり 海中に入れば不思議や出でざりし右足前に軽く運べり 胸ほどの深さを選び弧を描く汀に沿ひて歩を進めたり 岩地の江再び見 … 続きを読む

コメントなし

津久井やまゆり園事件より一年 ~ あけび掲載(平成二十九年十月号)

あけび掲載(平成二十九年十月号) 津久井やまゆり園事件より一年 恐ろしき事件ならずや十九人元職員に刺殺さるとは 死傷者は四十六人に及びたり異例のことに氏名明かさず 身心に癒やされぬ傷残るらむたとひいのちはとりとむるとも … 続きを読む

コメントなし

わがいのち ~ あけび掲載(平成二十九年九月号)

あけび掲載(平成二十九年九月号) わがいのち お産婆に逆さに持たれ背や腹を叩かるれども産声上げず いたづらに時は過ぎゆき産声のなきこと「三十分」と祖母言ひたりき ひくひくと戦きつつもわがいのち呼吸(いき)を求めて足掻きを … 続きを読む

コメントなし

国領神社の藤 ~ あけび掲載(平成二十九年七月号)

あけび掲載(平成二十九年七月号) 国領神社の藤 一週間もつか否かの盛りなり国領神社の千年の藤 境内に入れば甘き香ただよひて藤の花房幾千本か 藤棚を高めにしつらへその花はかくもかをりの強きものかは 熊蜂や細かき他の羽虫らも … 続きを読む

コメントなし

最も強き男の伝説 ~ あけび掲載(平成二十九年六月号)

あけび掲載(平成二十九年六月号) 最も強き男の伝説 不敵なるモハメド・アリの実像をとらへしテレビの番組を見つ 不遜なる予告通りにリング上蝶のごと舞ふ蜂の一刺し おほぐちを叩くも汝(なれ)いざ試合まへ弱音おほきとセコンドの … 続きを読む

コメントなし

発声困難 ~ あけび掲載(平成二十九年五月号)

あけび掲載(平成二十九年五月号) 発声困難 言ひたきを無声音にて一心に言へども単語も言ひ切れずをり 声出でぬことも増えゆき会話さへままならぬ我とり残さるる そのときに言へざりしこと機会をし失ひたれば二度と言へざり 会話さ … 続きを読む

コメントなし

毎朝の寝起きに ~ あけび掲載(平成二十七年七月号)

あけび掲載(平成二十七年七月号) 毎朝の寝起きに まどろみの楽しき時は永遠に許されざるや足の燃ゆれば 不随意の筋緊張に頸椎も潰れて髄を損傷すとふ めらめらと首ゆ下しも燃えてをりただ薬の名呼び続けたり 足熱し身体も熱し痛し … 続きを読む

コメントなし

今冬(誤嚥に悩まされつつ) ~ あけび掲載(平成二十七年五月号)

あけび掲載(平成二十七年五月号) 今冬(誤嚥に悩まされつつ この冬は寒かりしかばわが部屋にほぼ籠りゐて外に出ざりし 生きながらかほどに罪の深からむ地獄の炎に足灼かれをり 鉛筆ゆ万年筆まで足指に挟みたる跡ことさら痛し クリ … 続きを読む

コメントなし

人恋ふる秋 ~ あけび掲載(平成二十七年二月号)

あけび掲載(平成二十七年二月号) 人恋ふる秋 君なくて何ぞこの身のあるべきや一途に思ふわが心かな 手も足も動かぬ身にていまさらに何をせむとや恋の告白 「好きです」と短きメールのその後に一言打ちて署名をしたり 恋すると告げ … 続きを読む

コメントなし

友逝けり ~ あけび掲載(平成二十六年九月号)

あけび掲載(平成二十六年九月号) 友逝けり またひとり共に時代を拓きこしかけがへのなき友を送れり 葬儀にて出会ひし頃の思ひ出を弔辞に代へて語りたりけり たまさかに同人誌にてきみの詩を見しよりいたく捕へられたり 詩をひとつ … 続きを読む

コメントなし

孫、二歳半 ~ あけび掲載(平成二十六年八月号)

あけび掲載(平成二十六年八月号) 孫、二歳半 孫を連れ不意に次男の訪れぬ入り来るなり「帰る」と言ふ わが部屋に子の喜ぶはあらざれば急ぎて近くの公園にゆく 水を得し魚のごとくに駆け出す孫の早さにわれ驚けり 遊具など一つ一つ … 続きを読む

コメントなし

雪 ~ あけび掲載(平成二十六年四月号)

あけび掲載(平成二十六年四月号) 雪 しんしんと雪の降り積む音もなく雪の降り積むわが心にも 朝方に聞こえし車のチェーンさへ今は聞こえず雪は降り積む ひとときは聞こえし向かひの中学校はしやぎたる声いまは聞こえず 窓の外の椋 … 続きを読む

コメントなし

紫陽花探索 ~ あけび掲載(平成二十五年十二月号)

あけび掲載(平成二十五年十二月号) 紫陽花探索 空梅雨にせめて紫陽花探さむとまずは近くの緑道に入る 薄紅や薄青混じる多かりき深き青なる紫陽花ありや 我が探す青き紫陽花見つけしと思へば色のまだまだ薄き 探せるはここにしあり … 続きを読む

コメントなし

にわか歌詠み への1件のフィードバック

  1. 遠藤滋 のコメント:

    懐かし過ぎます。
    わたしはあまり体調は良くありません。
    一度近いうちに遊びに来てくれませんか?
    会えるうちに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.