投稿者「遠藤滋」のアーカイブ

友逝けり ~ あけび掲載(平成二十六年九月号)

あけび掲載(平成二十六年九月号) 友逝けり またひとり共に時代を拓きこしかけがへのなき友を送れり 葬儀にて出会ひし頃の思ひ出を弔辞に代へて語りたりけり たまさかに同人誌にてきみの詩を見しよりいたく捕へられたり 詩をひとつ … 続きを読む

カテゴリー: 歌詠み | コメントする

孫、二歳半 ~ あけび掲載(平成二十六年八月号)

あけび掲載(平成二十六年八月号) 孫、二歳半 孫を連れ不意に次男の訪れぬ入り来るなり「帰る」と言ふ わが部屋に子の喜ぶはあらざれば急ぎて近くの公園にゆく 水を得し魚のごとくに駆け出す孫の早さにわれ驚けり 遊具など一つ一つ … 続きを読む

カテゴリー: 歌詠み | コメントする

雪 ~ あけび掲載(平成二十六年四月号)

あけび掲載(平成二十六年四月号) 雪 しんしんと雪の降り積む音もなく雪の降り積むわが心にも 朝方に聞こえし車のチェーンさへ今は聞こえず雪は降り積む ひとときは聞こえし向かひの中学校はしやぎたる声いまは聞こえず 窓の外の椋 … 続きを読む

カテゴリー: 歌詠み | コメントする

個人史:遠藤滋

(1)氏名:遠藤滋 (2)出身地:静岡県清水市 (3)生まれた年:1947年 (4)現在の住所:東京都世田谷区 (5)所属団体: 元光明養護学校教員 『ケア生活くらぶ』発起人/「えんとこ」いえ・まち調査隊コアスタッフ 『 … 続きを読む

カテゴリー: 個人史 | 1件のコメント

地域を再創造する拠点としての〝支えあう集合住宅〟を世田谷に!!

いのちをいかしていますか? 遠藤 滋   最近、わたしは自分のことを「障害者」と言うのをやめることにしました。もちろん、ひとはわたしを見て「障害者」と言うでしょう。でも、それはそれで構いません。あえてそう言うの … 続きを読む

カテゴリー: 支えあう集合住宅 | コメントする

基準該当団体『結・えんとこ』の設立にあたって

宣言文 基準該当団体『結・えんとこ』の設立にあたって えんとこねっと   わたしたちは、「支援費制度」とその「介護保険制度」への統合に反対します 日本国憲法の第二十五条には、基本的人権の根底をなす「生存権の保障 … 続きを読む

カテゴリー: 宣言文 | コメントする

えんとこねっと

代表臨時代行 清水奈央 脳性マヒによる障害者・遠藤滋は、1977年当時から筆記や食事等を介助者に頼るようになっていました。このころ、本人は実家から都立光明養護学校に出勤。その後、結婚のため新居を構え、やがて子供が生まれ、 … 続きを読む

カテゴリー: えんとこねっと | コメントする

政治基本法

穏やかな春の日なるに今日よりは身を剥ぎつくす法施行さる 寝返りにひとの手足を借りるとも時間いくらと国の決めたり 教育基本改定の具体化が、意識にあってそれに触れようとしていた矢先、〈しののめ〉仲間の歌人から、彼の友人の遠藤 … 続きを読む

カテゴリー: 悪法「障害者自立支援法」 | コメントする

悪法はゆく

私の友人である大津留直から、以下のような批評文が送られてきました。先日の 歌に対する、彼の激励と受け取っています。 彼は自分が関係する障害学関係のメールマガジンにこれを掲載し、また個人的な 友人・知人たちのところへこれを … 続きを読む

カテゴリー: 悪法「障害者自立支援法」 | コメントする

障害者支援費支給制度についての公開質問状

1月1日に送付した質問にお答えいただけないので、1月27日に引き続き、かさねて 障害者支援費支給制度についての公開質問状 内閣総理大臣 小泉純一郎殿 厚生労働大臣 坂口 力 殿 本年度(2003年4月)より実施される、い … 続きを読む

カテゴリー: 障害者支援費支給制度 | コメントする