今冬(誤嚥に悩まされつつ) ~ あけび掲載(平成二十七年五月号)

あけび掲載(平成二十七年五月号)

今冬(誤嚥に悩まされつつ

この冬は寒かりしかばわが部屋にほぼ籠りゐて外に出ざりし

生きながらかほどに罪の深からむ地獄の炎に足灼かれをり

鉛筆ゆ万年筆まで足指に挟みたる跡ことさら痛し

クリスマスイヴの夜君の職場へと抓めるチョコを届けに行きぬ

戸口より半身出し吾を認め上着を羽織り段下り来る君

肺炎の病み上がりにて日暮れたる後は寒さに震へ帰れり

年明けに再び熱の上がりきて抗生剤を飲みて抑へぬ

働くを喜びとせる息づかひ伝はり来る君のメールは

カテゴリー: 歌詠み パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.