毎朝の寝起きに ~ あけび掲載(平成二十七年七月号)

あけび掲載(平成二十七年七月号)

毎朝の寝起きに

まどろみの楽しき時は永遠に許されざるや足の燃ゆれば

不随意の筋緊張に頸椎も潰れて髄を損傷すとふ

めらめらと首ゆ下しも燃えてをりただ薬の名呼び続けたり

足熱し身体も熱し痛し苦しかく叫びゐて今日も明けゆく

損傷の髄に発する痛みなればこれこそまさに灼熱地獄

神経の断末魔なる悲鳴にや燃ゆる痛みは耐へがたきかな

目覚むればにはかに感電せるがごと激しき痛みの襲ひ来りぬ

感電をし続くるがに絶え間なき痺るる痛みに一日耐へぬ

カテゴリー: 歌詠み パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.