人恋ふる秋 ~ あけび掲載(平成二十七年二月号)

あけび掲載(平成二十七年二月号)

人恋ふる秋

君なくて何ぞこの身のあるべきや一途に思ふわが心かな

手も足も動かぬ身にていまさらに何をせむとや恋の告白

「好きです」と短きメールのその後に一言打ちて署名をしたり

恋すると告げし言葉に君よりし返しの来たる「素直にありがたう」と

この年齢のこの障害にしてなほ熱きかかる想ひの沸き来るとは

十数年世話になりたる君はいま新たに看護ステーションを立つ

改めて熱き看護師育てむと看護チームを君は立ち上ぐ

いま告げておかねば永遠にといふ心ありてや出でし恋の言の葉

カテゴリー: 歌詠み パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.