友逝けり ~ あけび掲載(平成二十六年九月号)

あけび掲載(平成二十六年九月号)

友逝けり

またひとり共に時代を拓きこしかけがへのなき友を送れり

葬儀にて出会ひし頃の思ひ出を弔辞に代へて語りたりけり

たまさかに同人誌にてきみの詩を見しよりいたく捕へられたり

詩をひとつ書くを重ぬるそのたびに兆したりけむ「自立」への意志

自らの親の説得なしきりて自立の一歩きみ踏みだせり

野次怒号とびかふ中なる区交渉黙せるきみは存在感を持つ

「自宅での緩和ケア」を選びしはあまたの治療身に識るゆゑか

六日前気になり家に寄りしとき我と気づきて言葉交はせり

カテゴリー: 歌詠み パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.