孫、二歳半 ~ あけび掲載(平成二十六年八月号)

あけび掲載(平成二十六年八月号)

孫、二歳半

孫を連れ不意に次男の訪れぬ入り来るなり「帰る」と言ふ

わが部屋に子の喜ぶはあらざれば急ぎて近くの公園にゆく

水を得し魚のごとくに駆け出す孫の早さにわれ驚けり

遊具など一つ一つを試しゆきすぐまた次へと移りゆく孫

這ひ登り立たむとしたりまた寝たり黄なる不思議のへうたん島かな

同い年ほどなる子らの押し合ひて一番人気のこのへうたん島

桜三分そを背景に親子孫三代揃へる写真を撮りぬ

帰り道別るる坂にて見てをれば見えなくなるまで手を振れる孫

カテゴリー: 歌詠み パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.