国領神社の藤 ~ あけび掲載(平成二十九年七月号)

あけび掲載(平成二十九年七月号)

国領神社の藤

一週間もつか否かの盛りなり国領神社の千年の藤

境内に入れば甘き香ただよひて藤の花房幾千本か

藤棚を高めにしつらへその花はかくもかをりの強きものかは

熊蜂や細かき他の羽虫らも時ぞと藤の蜜を吸ひに来

中央にひときは高き藤のありそこより蔓の滝のごと落つ

藤蔓の絡みし欅のいかづちに打たれ朽つるを手当てせるかな

巻き付きし欅の代はりに電柱を二本も立てて支ふる藤の木

盛りなる藤の紫鮮やかに楓の若葉に映えてさやけし

カテゴリー: 歌詠み パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.