わがいのち ~ あけび掲載(平成二十九年九月号)

あけび掲載(平成二十九年九月号)

わがいのち

お産婆に逆さに持たれ背や腹を叩かるれども産声上げず

いたづらに時は過ぎゆき産声のなきこと「三十分」と祖母言ひたりき

ひくひくと戦きつつもわがいのち呼吸いきを求めて足掻きをりしや

運よくも鼻や口より羊水の流れ出づれば弱々しく泣く

母も飢ゑも出でざりき空腹のわがいのちこそ試練の日々か

誕生日過ぐるも首の座らざれば近くの医者に診せにしと言ふ

一寸した育ちの遅れと軽く言ふ言葉にかへりて不安を覚ゆ

東京の病院いくつか巡りゆき「脳性まひ」と告げられたりき

カテゴリー: 歌詠み パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.